←前の話に戻る 次の話へ進む→

咲(また胸の大きい人が3人)

咲(あのスパッツのお姉さん、先鋒の時の私みたいでかわいそうだよ……)

小蒔「あっ!霞ちゃんです!霞ちゃん頑張れー!」

白望「誰を応援してるの……」モグモグ


恒子「現在トップはチームお昼寝、副将は松実宥選手」

宥「さ、寒い……」

恒子「逆に点差を開けられているのはチーム巨乳の石戸霞選手、ここで挽回できるか」

霞「うふふ、頑張りますね」

恒子「チームスポーティからは亦野誠子選手、速攻が売りの選手です」

誠子(他は全員3年生か……まあ、気後れしてても仕方ないけど)

恒子「そしてチーム極妻からは弘世菫選手、次鋒の白水選手の作った勢いに乗ることができるか」

菫「お遊びの大会とはいえ、手加減はしない……」


東家:誠子
南家:宥
西家:霞
北家:菫

誠子112300
宥 114100
霞  80600
菫  93000


霞(さてさて……)

霞(由暉子ちゃんの実力がいかほどの物かはわからないけど、気を抜いていられる点差ではないわね)

霞(全力で、お相手します!)ゴッ


宥「―――――――――っ」ゾクッ



宥「あ、あの……」スッ

霞(あら、調子悪そうね……邪気にあてられてしまったかしら)

審判「はい?」

宥「…………」ゴニョゴニョ

審判「ああ、はい。そういえば事前に申し出がありましたね。少々お待ちください」


恒子「おーっと、いきなりトラブルかー!?」


審判「お待たせしました」

宥「あ、ありがとうございます……」


はやり「これは……」

恒子「ひざ掛けですね、松実宥選手の要望により用意されたもののようです」


菫(ふむ?)

霞(寒かっただけですか……心配して損したわね)

菫(なるほど、ひざ掛けか)

菫(インハイ決勝では私の癖を知っている松実宥に対してフェイントを入れることで克服したが……)

菫(誠子もいることだし、あまりフェイントには意味がなさそうではある。そして、正直面倒だ)

菫(手元を隠せるひざ掛けを使ってしまうのもありかもしれないな)


菫「失礼、審判……そのひざ掛け、予備はありますか」

審判「はい、ありますよ」

誠子(弘世先輩、手元を隠してしまうつもりなのか……)


宥「お揃いですね」

菫「あ、ああ……そうだな」

菫(どうも、阿知賀の次鋒と居ると調子が狂う)



哩「はよ試合せんね」

竜華「まあまあ、短気は損気やでー」



東一局
親:誠子
ドラ表示:南


113477④④⑦南西西北白

誠子(これ、確か永水の……)

打:北


222357⑤⑧⑨南發中中 ⑦

宥「」



宥「」カタカタカタカタカタ

打:發


霞「…………」

打:一



113477④④⑦南西西白 4

誠子「…………」

打:3


宥「…………」プルプル

打:④



―――――――7順後

菫「…………」

打:⑦


114477④④⑦南西西白 南

誠子(結局鳴く機会が無いままチートイになってしまった……)

打:⑦


宥「…………」プルプル

打:白


誠子「ロ―――」

菫「ロンだ」

34(5)①②③⑧⑧⑧⑨⑨白白 白


菫「白、赤1……2600」

宥「は、はいぃ」

誠子(トップ狙い、か)


哩「めっずらし、白糸台の釣り人が面前手げな」

竜華「浩子、テレビの前でびっくりしとるかもしれんなー」


玄「おねえちゃん、手牌が寒くてかわいそう」

エイスリン「What!?」

憩「いやいや、全然意味わかりませんよーぅ」

和「相変わらず、玄さんはたまに変なことを言いますね……」


東二局
親:宥
ドラ表示:一


宥「…………!」パァァ


菫(この分かりやすい反応……)

誠子(こうなると、萬子は松実に危険、索子は先輩に危険、筒子は石戸に危険、か)

誠子(色が少なくなれば、鳴きやすくなると思ったけど……)

誠子(2色を3人で奪い合うから、自分の欲しいところは残りの二人も欲しい可能性が高い訳か)

誠子(ここは副露にこだわりすぎず、面前でのあがりも視野に入れるべきか……)

三三七九2267東東西白白 9

打:9


宥「…………」

打:白


誠子「ポン」

三三七九2267東東西 白白白

打:西



―――――――9順後

誠子「ツモ」

三三67 5 222東東東白白白

誠子「役役……700-1300」


宥「……はい」ションボリ


誠子(あからさまな落ち込み様……ドラが萬子で、手牌に萬子があるときは松実警戒だな)


憧「あーあ、宥ねえってば手牌良いのバレバレ」

淡「ふふん、わたしは常にポーカーフェイスだよ!なにせ0向聴しか来ないから」

姫子(いや、インハイ準決勝の時0向聴じゃなくてめちゃくちゃ渋い顔しとったやろ……)

豊音「うちの胡桃ちゃんもポーカーフェイスなんだよー」


憧「そういえば鶴田さん、体のほうは大丈夫ですか?」

姫子「えっ!?あ、あぁ、うん。もう大丈夫やけん心配いらんよ」

姫子(むしろすっきりして調子いいかも……)

姫子(聞いた話じゃ、あの局ぶちょーは和了失敗したみたいやけど)

姫子(まぁ、試合までに時間空いとるし失敗のバックファイアは大丈夫やろ)

憧「それならよかったです」

淡「鶴姫はアコにお礼言っときなよー」ムフー

憧「いや、なんであんたが偉そうなんだ」



東四局 12順目
親:菫
ドラ表示:4


菫(しかし、一色無いだけでかなり勝手が変わってくるな……)

菫(この試合こそ、清水谷が出るべきだったかも知れん)

菫(まぁ、誰が出てくるかは大まかな予想しか立たない訳だが)


2345688⑤⑥⑦西西西 五


菫(―――――は?)ゾクッ


霞「…………」


菫(この局で初めての萬子ツモ)

菫(インハイ2回戦でも見られたが……石戸の支配も完全ではないと見るべきか)


霞の河:南一西九白一 
    六白九八南三


菫(常識で考えるなら、切れない河じゃないが……)

打:西


誠子「!」

打:1


宥「……」ズーン

打:4


菫(誠子も、似たような反応……)


霞「ツモ」


三三三四四五六六七八東東東 (五)


霞「メンホンツモに場風、赤ドラ1枚で3000点、6000点お願いしますね」


菫(何が不完全な支配だ……これは、罠だ)

菫(まるで、悪鬼が空腹に耐えかね躍りかかって来たかの様な、そんな気配)

菫(それをこの五萬をツモったとき感じた……)


誠子(今回は面前の手作りを強いられるけど……中盤以降は、リーチしないほうがいいな)


漫「わー、終盤になって他家にやーらしい牌くるんやなぁ」

由暉子「早いリーチかけて、終盤まで持ち込まれたら最悪ですね」

尭深「……」ズズ

漫「チンイツにぶっ刺さるのは自分じゃなくても心臓に悪いわー」



南一局 15順目
親:誠子
ドラ表示:1


一一一三四五六六七七八八九 六 

霞「メンチンツモです。3000点、6000点です」


菫(一撃一撃が重い……)

誠子(萬子が手牌に来ないパターンの時、阿知賀の松実が完全に縮こまる)

誠子(早いところ決着を付けたいんだけど……弘世先輩は今回攻めに消極的みたいだし)

誠子(多少無茶してでも速攻すべきかな?)


小蒔「きゃーっ!霞ちゃんがあがりましたよ!見てください!」

白望「だから誰の味方……」

咲(宥さん……およそ1/3の割合で和了り目がほぼ無くなっちゃうのか……大変だな……)

咲(鹿児島のお姉さん、やっぱり強いよ……)


セーラ「ぎゃー、跳満親っかぶりやー」

穏乃「大丈夫、まだまだ行けますよ!」

絹恵「亦野さん、頑張って!」


はやり「うーん、確かに非常に厄介な環境だね……」

恒子「はい?」

はやり「白糸台の二人は、得意な打ち方ができないようになってる」

はやり「松実のお姉さんのほうは、嫌いなものばっかり来て可哀想☆」

恒子「牌に好き嫌いとかあるんですか?」

はやり「うーん、恒子ちゃんはどんな牌が好きかなー?」

恒子「えー、別にないですけど……強いて挙げれば、白とか」

はやり「はいそうですか、ありがとうございましたー☆」

恒子「え、それで終わり!?」



南二局 6順目
親:宥
ドラ表示:西


一二三六七⑥⑥⑦⑦⑦ (五) 中中中

宥「ツモ、1000オールです」


誠子(やっぱり萬子があると生き生きするなこの人……)

菫(張り替えるチャンスもなかなか来ない)

菫(そもそも字牌以外では石戸は狙えない)

菫(予想以上に厄介な相手だ、石戸)


南二局1本場 2順目
親:宥
ドラ表示:⑨


①①⑤⑤⑧⑨1133西北白 中

誠子(また萬子のない手牌……)


宥「…………」プルプルプルプル


霞の河:南白


誠子(そしてこの捨て牌、また面清狙いか?)

打:白

誠子(ここは、私が動く!)



―――――――5順後


①①⑤(⑤)⑧⑧1133西北中 西

誠子(テンパイ……)

誠子(北は場に2枚切れ、中は生牌だけど……)

打:中


宥「……」

打:北


誠子「ロンっ!」

①①⑤(⑤)⑧⑧1133西西北 北

誠子「七対子ドラ3、8300」

宥「はっ、はい!」


誠子(ここまで面前で戦うのなんて、いつ振りだろうか……)


尭深「誠子ちゃんが面前って、ほんとに珍しい」

漫「やっぱそうなんや」

尭深「うん、宮永先輩が2順目で和了する時とかでもなければ、大体鳴いてるよ」

漫(2順目和了て……)


南三局
親:霞
ドラ表示:九


誠子(さて、今回は松実警戒パターン)

誠子(たった1000点だけどプラスだし、無茶するのは止めだ)

誠子(ひたすら安牌を集めて、無難にやり過ごす)


―――――――11順後


霞「カン」

□□□□□□□□□□ □ □44□

霞「リーチ」

打:3

新ドラ表示:9


菫(は?)

誠子(リーチ―――――!?)


霞の河:西白發南東發中9東73


誠子(普通に河から考えれば、これは索子の面清)

誠子(って、何か変なこと言ってるな私)


誠子(新ドラも索子……詰まるところ、このリーチは3倍満、役満を射程に入れるためのもの)

誠子(絶対に振り込む訳にはいかない)


菫(タダでさえ十分な打点を保障されたこいつが、なぜリーチをかける必要がある?)


二三四五④④④⑥⑦⑧白白白 1

菫(この順目。そして、つい今しがた新ドラが乗ったばかりの一索ツモ)

菫(間隙を縫うのは私の専売特許だ、石戸……)

菫(零れる萬子を狙ってるんだろう?)

菫(この程度のブラフ、私には通用しないっ!)

打:1


誠子(うわ、なんて所打つんだ弘世先輩……)

打:發


宥「…………」

二三三四四五五六七八八八八 六

打:八


霞「あら、ツモだわ」

二(5)67789北北北 二 □44□


霞「リーチ一発ツモ……裏ドラ載らずですね。赤1、4000オール」


誠子(な―――――)

誠子(何だそれ!?4面待ちのホンイツを捨ててリーのみ!?)


宥(あがられちゃった……)

菫(ふむ……)



恒子「副将戦、終了ー!」

恒子「へこんでいた松実選手、オーラスで石戸選手から跳直!何とか持ち直しました!」

はやり「石戸選手は安定と信頼の大火力だね☆」

恒子「試合の印象としては松実選手と石戸選手の染め手合戦だったように感じます」

はやり「その中でプラス収支の弘世選手に拍手!」パチパチパチ

はやり「さーて、第一試合大将戦、追加ルールのルーレット行っちゃおう!」


バン

【チェンジ赤3】



憧「て、なんだこりゃ」

姫子「ああ、これ前に見たことある……」

豊音「東北では、赤7萬なんだよね!」

淡「つまりー、赤ドラが5じゃなくて3になるって事?」

姫子「まあ、そやね」


由暉子「そもそも、ドラなんて欲望の権化……無くすべきです」

漫「7やったらウチも使えるのになぁ」

霞「ただいま戻りました」

漫「あ、お疲れさんですー」

霞「さあ、あとは任せたわよ」

由暉子「はい、行ってまいります」


誠子「すみません、少々でしたが削られました……」

セーラ「問題ない問題ない、アウェーでよくやったわ」

セーラ「ほな、行ってくるでー」

穏乃「任せましたよ、大将!」

絹恵「勝ってくださいね!」

誠子「応援してます」


菫「すまないな……3着でバトンタッチとは」

智葉「いや、この位でなければつまらないだろう」

哩「まぁ、今のところマイナス収支は清水谷だけやからな」

竜華「ちょっとー!それまだ言う?」

哩「冗談やし」

智葉「まあ、気楽にやってくるさ」

竜華「と、言いつつ目つきは戦闘モードや」

菫「まぁ、試合はこの一回だけじゃない。気負わずに行くとするか」

哩「ああ」


宥「ごめんねぇ、点棒取られちゃったぁ」

咲「いえ、仕方ないです。普段よりずっと和了しづらい状況だった訳ですし」

小蒔「霞ちゃん、ひどいです!どうにかして、1週間おやつ抜きにしておきますから安心してください」

宥「うん、小蒔ちゃんありがとぉ」

白望(それでいいのかな……でも突っ込むのダルい)

小蒔「それでは、行ってきます!」

咲「小蒔さん、頑張って!」



東家:小蒔
南家:智葉
西家:由暉子
北家:セーラ


小蒔「お相手、よろしくお願いします」

智葉「ああ」

智葉(さて、ぼやぼやしたのが二人……が、なかなかの手練れ)

由暉子「よろしくお願いします」

セーラ「ほんじゃ、ひとつ頼んます」


はやり「はやりんカップ第一試合、とうとう大将戦だよ☆」


玄「ふーむ、先ほどの霞さんもなかなかでしたが、こちらもなかなかのなかなか……」

憩「もうこれ定番やね」


謎の声「その試合、ちょ~っと待った~ぁ!」

恒子「おーっと、突然の乱入者だーっ!」

はやり「乱入とかアリなの?」

恒子「スタッフに確認したところ面白いのでオッケー!だそうです!」

はやり「それもはや乱入じゃないよね☆」


副将戦収支結果
1-3




謎の声……いったい何舘何杏なんだ……