―――――――湯町小学校 5年1組教室

「じゃねー」

「バイバイ」


慕「…………よし、帰りの準備おわり」

慕(多目的室に行こう)


「でさあ、来週の金曜日どうするの」

「私は古川君にあげるー」

「うわ、シュミ悪っ」

「ひどっ」

「あははは」


慕(……?)




ガラッ


慕「こんにちは」

杏果「ちゃおー」

閑無「おう、おせーぞ」

慕「ごめんね、ちょっと」

閑無「私を納得させられる言い訳があるなら聞いてやる」

閑無「納得できなかったら慕は今日一日13000点スタートだ」

慕「……それはいくらなんでも勝てないよー」

杏果「それで、何してたの?」

慕「あ、うん。ちょっと立ち聞きを」

閑無「趣味悪っ」

慕「そういうのじゃないんだけど」

杏果「どんな話?」

慕「えっと……再来週の金曜日って、何かあるの?」

閑無「何でまた」

慕「うーん、クラスの子が誰かに何かをあげる、とか言う話をしてて」

閑無「知らん」

閑無「たぶんその誰かさんの誕生日なんだろ」

慕「えー?」


杏果「……二人とも、女の子としてダメダメね」フッ

閑無「お前に言われたかねーよ」

杏果「来週、14日の金曜日と言えばバレンタインデーでしょうが」


慕「バレンタ」
閑無「インデー?」

杏果(区切るところがへん)


杏果「……こほん、バレンタインデーというのはね」

杏果「ウァレンティヌス、というローマ帝国当時結婚を禁じられていた人たちの手助けをして結婚させてあげていた、キリスト教司祭が処刑された日なのよ」

閑無「あっそ」

慕「結婚を禁じられていた人って?」

閑無「兄弟姉妹とか?女同士とか?」

杏果「……なんでそういう方向に行くのか」

杏果「まあ、とにかく日本では女の子が好きな子にチョコレートを贈る日という事になってるの」

慕「へえ」

閑無「どうでもいい知識が増えたな」

杏果「どうでもよくないでしょ」

杏果「玲奈はスイミングの先生にあげるんだって」

閑無「……マジで」

慕「…………」

陽葵「応援したほうがいいかな」

杏果「……今は、お世話になった人にあげる物でもあるらしいから」

閑無「アホくさ、結局は製菓会社の商策だろ」

杏果「身も蓋もない言い方をすれば、そうね」

杏果「でもバレンタインデーと聞いて心躍らないなんてのは女の子として失格だと思う」

閑無「心底どうでもいい」

杏果「閑無もー、好きな男の子とかできたら変わるかもよー」

杏果「あ、そのまえにそんながさつな性格じゃモテないかー」

閑無「……ムカつく」

閑無(つーか、同年代の男とかありえねー)

閑無(もっとこう、しっかりと自立した大人な奴のほうが……)


慕「お世話になってる人、かー」




耕介「おーい慕、新しい下着どこだっけー」

慕「タンスの上から三番目の引出しー」



耕介「麻婆豆腐とご飯があれば他には何もいらないな!」

慕「トマタマ炒めもちゃんと食べてね」

耕介「……はい」



慕「もー、おじさん!靴下はちゃんと裏返してって言ったでしょ」

耕介「悪い悪い、気を付ける」




慕「……お世話してる人ならいるんだけど」


閑無「?」
杏果「?」


閑無「ていうか、もうどうでもいいだろ?はやく麻雀しよう」

杏果「……そうね」

慕(バレンタインデー、かあ……)



―――――――スーパーマーケット


慕「えっと……チョコレートを贈る日、だっけ」


【バレンタインフェア】


慕「……特設コーナーまである」

慕「いくらぐらいするのかな?」


【\3885】


慕「……うぐ」


慕「こっちの小さいの……」


【\1680】


慕「…………」


慕「まったく手が出ないよ」

慕(お金を手に入れる手段だってないし……)


【おつとめ品コーナー】


慕「……これだ!」





耕介「ごちそうさまでした」

慕「おそまつ様です」

慕(半額のお野菜とかで、どうにかやりくりすれば10日間で2000円くらい捻出できるかも)

慕「よし!」

耕介「……慕、俺先に風呂入ってくるな」

慕「うん!」


耕介(何意気込んでたんだろうアイツ)




慕「ふう……」

耕介「あがったぞー」

慕「あ、うん」パタン


慕「じゃ、お風呂頂いて来ます」

耕介「おう」

耕介「……帳簿見てため息ついてたな……」



慕「はあ」ザー

慕「安売りの野菜を買っても、一日で70円ちょっとしか節約にはならないや……」

慕(これが10日で、700円くらい)


慕「半分にもならないよ……」チャポン


慕「………………」


慕「…………」


慕「そうだ」

慕「明日、いい方法が無いか杏果ちゃんに聞いてみよう。詳しそうだし」





―――――――湯町小学校 多目的室


ガラッ


杏果「む?」


杏果「珍しいね、昼休みに来るの。閑無たちなら校庭にいるよ」

慕「大丈夫」

杏果「え、私を探しに?」

慕「うん」

杏果「ほあー、変わったこともあるものね」

慕「昨日の話なんだけど」

杏果「昨日?ああ、バレンタインデー……って」

杏果「え、なになに?誰か渡したい人がいるの?」

慕「うん」

杏果「へえ。へえー!やっぱり慕ちゃんは閑無とは違うと思ってた!最高!」

杏果「甘酸っぱいねえ。いいねえ。……で、何組の誰?」

慕「何組の、っていうか」

杏果「うんうん」

慕「うちのおじさんなんだけど……」

杏果「あら、そっちか。残念」

慕「チョコレートを買いたいんだけど、お金が足りなくて」

杏果「ふんふむ。大丈夫大丈夫」

杏果「バレンタインには『手作りチョコ』というものがあってね……」

慕「手作り?」

杏果「といっても溶かして冷やして固めるだけー。安くて量がたくさん作れるし、付加価値がつけられるしいいことづくめ」

慕「そ、そうなんだ。それはすごいね」

杏果「ね、ね。せっかくだし、一緒に作ろうよ。手作りチョコ」

慕「いいの?」

杏果「もちろんもちろん!じゃあ、13日に学校終わったらウチにおいでよ」

杏果「楽しみだねえ」

慕「うん!」





―――――――2月13日 湯町小学校 3階渡り廊下


杏果「お先ー」

閑無「今日は打ってかないのか?」

杏果「あは、用事があるんだよね」

閑無「……そっか」

杏果「あと、慕ちゃんも来ないよ」

閑無「はァ!?」

杏果「じゃねー」タタタッ


閑無「……メンツ足りねーじゃん」

陽葵「どうする?」

閑無「今日は解散」

陽葵「はーい」





慕「おじゃましまーす」

杏果「どぞー」



慕「材料、ふたりの分全部で1000円くらいだったけど、大丈夫?」

杏果「足りる足りる」

杏果「ラッピング道具は前使った残りがあるしー」

慕「何を作るの?」

杏果「まあ……普通のとトリュフチョコと……あとはクッキーがいいところかな」

杏果「慕ちゃんは料理出来る?」

慕「まあ、それなりに」

杏果「じゃ、大丈夫だよ。計量間違わなければ誰でもできるから」

慕「そういうものなの?」

杏果「そういうものなの」



慕「杏果ちゃんは誰にあげるの?」

杏果「んー?まあ、閑無とあとみんなかな」

慕「かんなちゃん、バレンタインデーなんてどうでもいいって言ってなかった?」

杏果「まあ、アレで意外とこういうのに弱いんだよ」

杏果「多分とっても喜ぶ」

慕「そういうものなんだ」

杏果「この年までバレンタインデーを一切知らないってのはどうかと思うけど」

杏果「きっと家で調べて、ネットを真に受けてホワイトデーにはほんとに3倍返ししてくると思う」

慕「……もしかして、それが狙い?」

杏果「あはは、そうかもね~」

杏果「まあ、バレンタインデーは普段言えない気持ちを伝える日だから」

杏果「ド腐れ縁だと、感謝ってのも気軽に言えないこともあるのよ」

慕「……そうなんだ」


ピー ピー ピー


杏果「あ 焼けたみたい」

慕「綺麗に焼けたかな?」


杏果「慕ちゃん」

慕「ん?」

杏果「伝わるといいね、感謝の気持ち」

慕「……そうだね!」





―――――――慕の家


耕介「慕のやつ……遅いな」

耕介(帳簿を見てため息なんて、俺の稼ぎが悪いのは分かってるが……)

耕介(まさか……隠れてアルバイトとか……さすがに小学生を雇ったりはしないか……)


耕介「そういえば慕の奴、最近お菓子食ってるとこ見てないような」

耕介「もしかして、慕がお菓子を我慢しなきゃほど食費が逼迫してるのか!?」ハッ

耕介「慕の奴がまた腕を上げて料理があんまりうまいんで最近3杯はおかわりしてるからな」


耕介「俺のせいで慕の奴に辛い思いをさせてしまってたのか……こうしちゃいられねー」ダッ




ガチャ

慕「ただいまー」

耕介「慕っ!」

慕「わ」


耕介「悪かった!これをやる!」

慕「え、えっ?」

慕(スーパーで売ってた4000円のチョコレートギフト……)

耕介「今度から食事控えるから!別にお菓子を我慢なんかしなくていいんだぞ!」

慕「おじさん、ちょっとよくわからないよ……」

慕「別に、普通にご飯食べていいですよ?」

耕介「いや、でも食費が」

慕「ああ……それは、バレンタインデーのチョコレートの準備のためだよ?」

耕介「へ?」

慕「一日早いけど、仕方ないよね」

慕「おじさん、ハッピーバレンタインっ!」

耕介「……ありがと」




慕「さすが4000円!とってもおいしい!」

耕介「慕のくれたのもうめーぞ」

慕「そうかな?」


慕「……バレンタインって、幸せだね!」









カタカタカタカタカタカタ

【バレンタイン お返し】


閑無「……なるほど」ポリポリ


閑無「3倍返しが礼儀、なのか……」ポリポリ






杏果「閑無なにくれるかなー、楽しみ」



カン!

先月の検索キーワードで、なぜか「慕×こーすけ」がかなり多かったのでバレンタイン記念。
1日遅いけど仕方ないよね!しのちゃーうちにも来て欲しい。