今日も今日とて行きますよー。


本日はBブロック全国編になります。
≪片岡優希≫
「やっぱり あのポンがあれへんかったら三色と一発ついて親倍…」【S8-162】
tacos8ツモ
不求人(4)+平和(2)+断幺(2)+喜相逢(1)=9点 17点オール(8500オール)

「話がちゃいますやん末原先輩!」「しらんがな」【S8-173】
tacos9ロン
三色三歩高(6)+平和(2)+断幺(2)+門前清(2)+連六(1)+嵌張(1)=14点(4000-11000)
二三四-③④⑤-456での三色三歩高です。

「ロン…ッ! 一発!!」「よ…よりによってそこかいな――ッ!!」【S8-177】
tacos10ロン
門前清(2)+缺一門(1)+幺九刻(1)=4点 チョンボ

「いつもよりも速度を上げてきてるのか?」【S12-12】
tacos11ロン
箭刻(2)+四帰一(2)=4点 チョンボ

「やはり本来持っていたアドバンテージを打点ではなく速度にまわしたのか」【S12-16】
tacos12ツモ
断幺(2)+自摸(1)+喜相逢(1)=4点 チョンボ

「役牌バック……!」【S12-59】
tacos13ロン
門風刻(2)=2点 チョンボ

「ロンだじぇ! 3900!」【S12-60】
tacos14ロン
清竜(16)+平和(2)=19点(4000-13500)




《染谷まこ》

「え… その手で鳴いたの…?」【S9-65】mako5ツモ
清竜(16)+平和(2)+缺一門(1)+自摸(1)=20点 28点オール(14000オール)

中国ルールでのまこの闘牌において最も面白いのはこの局です。
最悪フリテンに陥るだけの片アガリ3面張での一通のみツモ300-500。
が、フリテンの存在しない中国ルールなら、3s引こうが6s引こうが高目出和了可能。
結果はご覧のとおり。日本ルールならそうそうあり得ない鳴きですが、中国ルールなら鉄チーな訳ですね。


「18000が怖いしそろそろ店じまい…」【S9-67】
mako6ロン
平和(2)+門前清(2)+喜相逢(1)=5点 チョンボ


「ツモ!! 裏のって2000・3900!!」【S12-190】
mako7ツモ
不求人(4)+連六(1)+无字(1)=6点 チョンボ



《竹井久》

「連荘六本場でハネ直炸裂!」【S8-134】
*

(エアリアルツモ)「ちょっとは調子でてきたかしら…」【S9-113】
hisa4ツモ
不求人(4)+双暗刻(2)+缺一門(1)=7点 チョンボ

「なんでそれでホンイツにとらないかなっ」【S9-149】
hisa5ツモ
清竜(16)+幺九刻(1)+明杠(1)+缺一門(1)+単釣将(1)+自摸(1)=21点 29点オール(14500オール)



《原村和》
「ツモ 3000・6000」「え… そっち…?」【S10-13】
*

「ロン 9900」「親の連荘…これじゃまったまた薄墨が北家じゃないか―――ッ」【S10-78】
nodoka11ロン
七対(24)+断幺(2)=26点(4000-17000)


「ツモ 2000・4000」【A1-22】
*




《宮永咲》
「ツモ 嶺上開花 8000」「条件つきで支配を発揮するタイプか……!!」【S10-118】
saki16ツモ
杠上開花(8)+明杠(1)+无字(1)+嵌張(1)=11点 19点オール(9500オール)

「ツモ 嶺上開花」【S10-128】
saki17ツモ
杠上開花(8)+明杠(1)+无字(1)=10点 18点オール(9000オール)


「これが天江衣を倒した清澄の大将―――」【S11-35】
saki18ツモ
杠上開花(8)+双暗杠(8)+不求人(4)+双暗刻(2)+缺一門(1)+幺九刻(1)+嵌張(1)=25点 33点オール(16500オール)


「ツモ!2000・3900」「相手の捨牌を利用して追加ドローとか―――」【S11-37】
saki19ツモ
混一色(6)+双明杠(4)+箭刻(2)+幺九刻(1)+自摸(1)=14点 22点オール(11000オール)


「今度は普通に嶺上開花―――!」【S11-43】
saki20ツモ
杠上開花(8)+不求人(4)+圏風刻(2)+門風刻(2)+双暗刻(2)+暗杠(2)+幺九刻(1)+缺一門(1)=22点 30点オール(15000オール)

「ツモっ 400・800です」「えっ」【S11-62】
*




≪上重漫≫
「メンピン一発ウラウラの3本場は8900です!」【S9-12】
suzu1ロン
門前清(2)+平和(2)+喜相逢(1)+連六(1)=6点 チョンボ

「4000・8000!」「倍満……!!」【S12-66】
suzu2ツモ
全大(24)+三色三同順(8)+全帯幺(4)+不求人(4)+平和(2)+一般高(1)=43点 51点オール(25500オール)
平和純全三色一盃口。非常に美しい平和系の手です。
上重漫の他に作中でこの手を和了したのは池田華菜、熊倉トシが居ます。
漫の二人との差は、面子と雀頭の両方が全部きっちり9に寄ってくれること。
これによって非常に難度の高い「全大」が複合します。


「ロン 5800です」「そんな――…」【S12-74】
suzu3ロン
三色三同順(8)+全帯幺(4)+門風刻(2)+辺張(1)=15点(4000-11500)


「欲張って九索切ってたら9900も食らってたじぇ…」【S12-79】
suzu4ロン
箭刻(2)+門前清(2)+双暗刻(2)+幺九刻(1)=7点 チョンボ


「変換する! 火力を速度に!!」【S12-114】
suzu5ツモ
混幺九(32)+三同刻(16)+三暗刻(16)+五門斉(6)+自摸(1)=71 79点オール(39500オール)

ホンロートーの価値が非常に高くなっていて、スズちゃんが強い強い。

≪真瀬由子≫
「2600の1本付けは2900よー」【S12-165】yuko1ロン
門風刻(2)+門前清(2)+喜相逢(1)=5点 チョンボ


「ツモっ(ピンフタンヤオドラ1) 1300・2600」
yuko2ツモ
不求人(4)+平和(2)+断幺(2)=8点 16点オール(8000オール)

リアルでタンピンツモを和了ると「綺麗に手ができたなあ」と思っちゃうのですが、
中国ルールでは最低条件ギリギリなんですよねぇ。(両面待ちでなくていいという違いはありますが)


≪愛宕洋榎≫
「32000―――思ったより痛いんちゃうか?」「そんなん考慮しとらんよ…」【S8-126】
hiroe1ロン
清幺九(64)+双同刻(2*2)+双暗刻(2)+幺九刻(1*4)+明杠(1)+単調将(1)=76点(4000-42000)


「ひっかけ後のせさくさく… 後ひっかけの洋榎とはうちのことやで!!」【S9-92】
hiroe2ロン
門前清(2)+无字(1)+辺張(1)=4点 チョンボ


「あんまりデクすぎるとつまらんなぁ」【S9-98】
hiroe3ロン
門前清(2)+平和(2)+断幺(2)+一般高(1)+喜相逢(1)+連六(1)=9点(4000-8500)
複合可能な順子系の1点役を最大の3つ複合。すごく綺麗な手なんですが9点なんですよねえ……

「一緒にしてもろたら困る 格が違うわ」【S9-140】
*


≪愛宕絹恵≫
「ロンっ! 3900!」【S10-13】
*
「自分が和了れるまで親に差し込み続ける気か!」「ロン 11900」【S10-34】
*
「よしっ これでまたプラスや…」【S10-88】
kinue1ロン
門前清(2)+平和(2)+喜相逢(1)=5点 チョンボ

「お姉ちゃんから引き継いだ点数 なるべく守ってできれば増やすんや!」【S10-90】
kinue2ツモ
清竜(16)+不求人(4)+平和(2)+辺張(1)=23点 31点オール(15500オール)


≪末原恭子≫
「ロン 3900」【S10-114】
*

「ツモ 1000・2000」【S10-115】
kyoko1ツモ
平和(2)+断幺(2)+喜相逢(1)+自摸(1)=6点 チョンボ
「ロン 2600!」「お急ぎかしら…」【S10-116】
*

「この場での戦いやすさに―――」【S11-25】
kyoko2ツモ
断幺(2)+喜相逢(1)+連六(1)++缺一門(1)嵌張(1)+自摸(1)=7点 チョンボ

「引けたで……!! ツモ!!4000・8000!!」【S11-60】
kyoko3ツモ
七対(24)+不求人(4)+断幺(2)+缺一門(1)=31点 39点オール(19500オール)
中国麻将に二盃口はありません。なんと一般高×2の2点になりますので、通常は七対を採用します。
ちなみに、豊音の九萬で和了ると門前清(2)+平和(2)+一般高(1)+缺一門(1)の6点でチョンボになってしまいます。


≪小瀬川白望≫
「深いところにいたなぁ…」【S9-32】
shiromi1ツモ
全帯幺(4)+不求人(4)+平和(2)+一般高(1)+喜相逢(1)=12点 20点オール(10000オール)
一気通貫(清竜)の優遇に比べてチャンタはひどい扱いですね。
日本における純チャンタはせいぜい平和もしくは幺九刻が1~2個複合する程度なのに対し、
字ありのチャンタだと箭刻や門風刻が付けやすくあがるのもラク。優位性は日本と逆ですね。


≪エイスリン・ウィッシュアート≫
和了描写なし


≪鹿倉胡桃≫
「ツモッ 1600・3200」ポン【S9-138】
*


≪臼沢塞≫
「じゃあもうホンイツにします――!」「ロン 6700」【S10-46】
sae1ロン
七対(24)+五門斉(6)=30点(4000-19000)

なにげにウーメンチー。サエサンカッコイー!
七対は五門斉が付けやすいですね。
でも、対子は面子ではないということで五門斉と七対を複合しないローカルルールもあるようです。

「ロン! 6100!!」「ふうっ」【S10-86】
sae2ロン
門前清(2)+断幺(2)+嵌張(1)=5点 チョンボ


「ロン! 3900」「副将戦終了―!!」【S10-99】
sae3ロン(和了牌は七索の可能性もあり)
門前清(2)+平和(2)
四索なら連六(1)だがどちらにせよ5点でチョンボ


≪姉帯豊音≫
「ロン リーチ一発ドラ1で5200」【S10-124】
toyone1ロン
門前清(2)+辺張(1)=3点 チョンボ


「リーチ一発のみ…3900」「偶然やと思いたいけど………」【S10-127】
*

「また…!?これで3回目―――…!!」【S10-130】
*

「背向のトヨネ―――」「とおらばリーチ」【S10-134】
toyone2ロン
門前清(2)+辺張(1)=3点 チョンボ


「お友達がきたよー」【S10-148】
toyone3ツモ
混一色(6)+箭刻(2)+連六(1)+単調将(1)+自摸(1)=11点 19点オール(9500オール)


「ぬぎゃー勝てないわー」「わーい」【S10-159】
toyone4ツモ
平和(2)+断幺(2)+一般高(1)=5点 チョンボ

「ほっちじゃないよー ツモっ! 2700オールっ!!」【S10-177】
toyone5ツモ
箭刻(2)+幺九刻(1)+単調将(1)+自摸(1)=5点 チョンボ
裸単騎は……出和了なら全求人という6点役なんですけど……うむ。


≪熊倉トシ≫
「ツモだよ 8700オール!」【S10-58】
toshi1ツモ
三色三同順(8)+全帯幺(4)+不求人(4)+平和(2)+一般高(1)=19点 27点オール(13500オール)


「ぎゃー」「また全員トビだね」【S10-59】
toshi2ツモ
三色三同順(8)+全帯幺(4)+不求人(4)+平和(2)+老少副(1)+=19点 27点オール(13500オール)
上は日本ルールだと平和純全三色ツモ一盃口の倍満、
下は一盃口が無くて跳満なんですが中国ルールだと一緒なんですよねぇ。


≪神代小蒔≫
「六女仙を従える―――霧島神境の姫…」【S9-50】
komakiロン
清一色(24)+清竜(16)+門前清(2)+平和(2)+一般高(1)=45点(8000-26500)


≪狩宿巴≫
和了描写なし


≪滝見春≫
「ロン せんてん…」【S9-124】
*(全帯幺のみのようだが全容不明)

「ロン 1300」「また即流し…」【S9-136】
*


≪薄墨初美≫
「や…役満の直撃が決まりました!!」【S7-95】
*(小四喜らしいが全容不明)

「ツモ 8000・16000ですよー!」【S10-96】
hatumiツモ
小四風会(64)+混一色(6)+門風刻(2)+暗杠(2)+幺九刻(1*2)+自摸(1)=77点 85点オール(41500オール)


≪石戸霞≫
「あら… ツモだわ 1300・2600に1本ずつお願いしますね」【S10-128】
kasumi1ツモ
不求人(4)+一般高(1)+幺九刻(1)+无字(1)+辺張(1)=8点 16点オール(8000オール)


(乳で倒牌)「ツモ 3200・6200です」【S10-195】
kasumi2ツモ
混一色(6)+不求人(4)+門風刻(2)+双暗刻(2)+単調将(1)=15点 23点オール(11500オール)


「門前清一ツモイーペーコーで……4000・8000!」【S11-12】
kasumi3ツモ
清一色(24)+不求人(4)+双暗刻(2)+一般高(1)+嵌張(1)=32点 40点オール(20000オール)



≪辻垣内智葉≫
「3500」「なんだその手……」【S12-46】
satoha1ロン
断幺(2)+単調将(1)=3点 チョンボ


「気配がほとんど感じられんかった……!!」【S12-101】
satoha2ロン
門前清(2)+断幺(2)+喜相逢(1)=5点 チョンボ


「12300」「あ……」【S12-106】
satoha3ロン
門前清(2)+断幺(2)+一般高(1)+喜相逢(1)=6点 チョンボ

「6200オール」「おやっぱね………」【S12-108】
satoha4ツモ
不求人(4)+平和(2)+断幺(2)+一般高(1)=9点 17点オール(8500オール)


≪郝慧宇≫
「感じたままに打つだけ――」【S12-154】
hao1ツモ
一色三歩高(16)+不求人(4)+平和(2)+嵌張(1)=23点 31点オール(15500オール)
二三四-四五六-六七八の一色三歩高。


「ロン 3900」「こがぁなことはこれまでなかった」【S12-162】
hao2ロン
花竜(8)+門前清(2)+平和(2)+一般高(1)+嵌張(1)=14点(4000-11000)
123-④⑤⑥-七八九の花竜。


「どうかな」「和―――」【S12-169】
hao3ロン
大于五(12)+三色三同順(8)+四帰一(2)+断幺(2)=24点(4000-16000)


「七索を残しちょきゃ待ち3倍じゃろ… たまに誰かを彷彿させる待ちになるのう」【S12-194】
hao4ロン
全帯五(16)+三色三歩高(6)+四帰一(2)+単調将(1)=25点(4000-16500)
三四五-④⑤⑥-567の三色三歩高。
まあ、当然ですけどハオちゃんは中国麻将変換してもチョンボしたりなんかしません。
彼女が1翻しばりと8点縛りの両方に縛られているとしたら彼女も縛りプレイ好きのドM……

じゃなくて、その辺に攻略の糸口が隠されているのでしょうか。




≪本内成香≫
「一気通貫ドラ4… 12600です…っ!!」「なにゃ…!?」【S12-90】
narukaロン
清竜(16)+門前清(2)+平和(2)+喜相逢(1)+嵌張(1)=22点(4000-15000)



≪桧森誓子≫
「感謝します! 4000・8000!!」【S12-146】
chikakoツモ
三色三同順(8)+不求人(4)+平和(2)+断幺(2)+一般高(1)=17点 25点オール(12500オール)







チュンマオマケ話

咲12巻159ページで、臨海高校の面々が中国麻将をプレイしている中、
ミョンファが遅刻してやってきます。智葉が言うには、3ゲーム終わったところだそう。

中国麻将は日本の一般的な半荘戦と違い、連荘なしでの一荘戦16局をプレイすることになります。

全自動卓での一般的な半荘は連荘無しでも30~40分程度はかかる訳で、
中国麻将3ゲームとなればこれは4~5時間の遅刻。ウチナータイムってレベルじゃねえ!
ミョンファは完全に来る気ありませんでしたね。


3ゲーム、が3局のことならまあ10~15分の遅れですが、
「もう」3ゲームと表現する程ではありませんし、直前に智葉は「まいった」 と根を上げている上、
他のメンバーも中国麻将でのハオの強さを痛感しています。

……これはもう、完全に三荘プレイ済みとしか。

こんなミョンファとデートの約束しようものなら、1~2時間平気で遅れてきそう。
たまにそのまま来なくて、電話かけたら「あれー今日でしたか~?」とか言ってきそう。
その点ハオちゃんは約束の5分前には着いていて、「女の子を待たせるなんてひどいです。ふふっ」と悪戯っぽく笑いかけてくれそうです。

ハオちゃんかわいい。



明日の中麻は阿知賀編&シノハユ編ですよー。