←前の話に戻る


揺杏「その試合、ちょーっと待ったぁ!」

由暉子「岩館先輩?」


揺杏「もー、ダメじゃんユキぃ、こんな面白そうな試合にそんなテキトーなカッコしてさ」

由暉子「……別に、普通だと思いますけど」

揺杏「じゃじゃーん!代わりの衣装持ってきたから着替えて!」

由暉子「ここでですか!?というかそのためだけに北海道から!?」

揺杏「だいじょぉぶ、生着替え用のアレ持って来てるから。あと旅費は成香に借りた」

由暉子「しょうがないですね……」

揺杏「ほい、じゃコレ」ポス

由暉子「……あの、どうみても水泳の時に使う巻タオルなんですが」

揺杏「学生のお着替えといったらコレっしょ~、まさか輪っか状のカーテン持ってくると思った?」

由暉子「はぁ、時間も押してますし……」



恒子「真屋選手、会場で生着替えを始めました!」

はやり「うーん、タオル越しに浮かぶ四肢のライン……エロスだね」


玄「おもち!おもち!」

憩「それ見えたら放送事故やで」


由暉子「着替え終わりました」

揺杏「じゃ、オープン!」


揺杏「はっやり~ん!もしもユキのチームが優勝したら、牌のお姉さんの座をユキに譲って引退してね」


恒子「おーっと!現れたのは牌のお姉さんコスの真屋選手だー!」


<ウオオオオオオー!!

<ユキコチャンギンガイチカワイイー!!



はやり「」

恒子「瑞原プロ、なんと失神してしまったー!」


揺杏「ふっふっふ、再現度完璧だね~、さすがあたし!」

由暉子「じゃ、もう行きますから」

揺杏「ユキはつれないな~……まあ頑張ってね」


恒子「準備完了したところで!試合スタートッ!!」

はやり「」


東家:小蒔
南家:智葉
西家:由暉子
北家:セーラ

小蒔  106900
智葉   94100
由暉子  89700
セーラ 109300

東一局
親:小蒔
ドラ表示:九


小蒔(現在、2位……)

小蒔(総合的な収支で決着がつくのですから、稼げるときに稼いでおいたほうがいいのでしょうか……)

一二四①②⑤⑥2334東西北

打:北


由暉子「…………」

打:2


小蒔(有珠山の真屋さん……どういう打ち手なのでしょう)

小蒔(団体戦の試合、2回戦以降もちゃんと見ておけばよかったですね)


セーラ「おりゃー」

打:③


小蒔(千里山のひとは、高火力の面前ツモ和了がメイン)

小蒔(さしあたって、序盤の警戒度は低いでしょうか?)


小蒔(気が抜けないのは……)


智葉「……カン」

□□□□□□□□□□ □ ③③③③

打:6

新ドラ表示:八


小蒔(この人ですね)

一二四2334①②⑤⑥東西 東

小蒔(一瞬どうしようかと迷ったんですが、三色潰されてしまいました)

小蒔(霞ちゃんの怒りを察知した初美さんよりもカンが鋭いですね……)

打:②


―――――――数順後


智葉「ツモ 800-1600」

一二三68南南南白白 7 ③③③③


小蒔「はい」

小蒔(……不思議ですね)

小蒔(少しでも相手の有利になる事象は潰しておく、と……そういう事なのでしょうか)


憩「あいかわらずこっわいなーこの人」

玄「あのチームで一番威圧感ありますよね」

和「私は普通に弘世さんが一番怖いです……」

憩「でかいもんなー」

エイスリン「トヨネノホウガモットオオキイ!」

和「あの方は、まぁ……サインをせがまれたり、普通に親しみやすい人でしたから」



東二局 3順目
親:智葉
ドラ表示:北


セーラ(さてさて、ミス仏頂面の親番やな)

セーラ(あんまり趣味やないんやけどここはさっさと流しておきたい)


四六七八(3)455③⑤⑦⑦北


由暉子「……」

打:④


セーラ「チー!」

四六七八(3)455⑦⑦北 ③④⑤

打:北


小蒔「……」

打:⑦


セーラ「ポン!」

四六七八(3)455 ⑦⑦⑦③④⑤

打:四


小蒔「ん……」

打:2

セーラ「ロン。2000」


竜華「うっわ、セーラの手にしてはめずらしなあ」

哩「そうなん?」

竜華「そりゃまあ普段から全くこういうあがりがない訳じゃないけど」

哩「……ほほう」

菫(またなんか下らないことを思いついた顔だ)

哩「これはアレやね、最近心境を変えるなんかがあったんやろうね」

竜華「えー、どゆこと?」

哩「ズバリ恋やろ」

菫「はあ?」

竜華「えー……」




揺杏「お」

揺杏「ついに始まるか……」


東三局
親:由暉子
ドラ表示:①


由暉子「……」

打:②


セーラ(い、いきなりそれ切るんか……)

二七①②③③④⑧3西北北中 ②

打:二


セーラ(悪くない配牌やな)

セーラ(調子よく2連アガりといくか)


由暉子「ツモ」

セーラ「え゛っ」


一一二三四五六七③④⑤45 6

由暉子「700オールです」


セーラ(なんやこのアガり……不自然な点が多すぎる)


由暉子「一本場、いきますね」チャ






東三局 4本場 3順目
親:由暉子


由暉子「ツモ、1100オールです」



セーラ(だいたい読めてきたな)

セーラ(やけど、この状況を打破できるかはかなり運任せや)

セーラ(鍵を握るのは……)


智葉「……む」


セーラ(癪やけど、こいつやな)



東三局 5本場
親:由暉子
ドラ表示:西


二(三)七九①①259東北中中 北

打:5



憧「江口セーラはチャンタ決め打ちかぁ」

豊音「なかなかすごい配牌だねー」

憧「こういう配牌を見ると、赤3になった意味を感じるわね」

姫子「それよりも」

憧「有珠山の人の配牌……」

淡「これくらい普通じゃないのー?」


憧「いや、それはあんただけよ」

豊音「まったくもってその通りだよー」



セーラ「ポン」

二(三)七八九①①9 中中中北北北

打:9



絹恵「張ったで!」

穏乃「高目で跳満ですね……5本場でリャンハン縛りだから、低目はあがれないけど」

絹恵「セーラさんならツモってくれるやろ」

誠子「根拠はないけど、確かにそんな感じはするね……」



由暉子(ツモを飛ばす作戦に出ましたか……)

由暉子(でもそんな一時しのぎでは)


由暉子「ツモ」


七八九⑤⑥⑥⑦⑧567西西 ④


由暉子「700は1200オール」

由暉子(私は止められないです)



絹恵「あぁ~……」

誠子「失敗かぁ」

穏乃「んー……」

絹恵「どしたん穏乃ちゃん?」

穏乃「いや、ちょっと思ったんですけど」

穏乃「辻垣内さんの初手ドラ切りってアシストだったように見えませんか?」

絹恵「あぁー、なんやけったいやなあとは思ったけど」

穏乃「なんだか、うちの準決勝の先鋒戦の時と同じ感じに見えて」

誠子「辻垣内と江口さんが協力してるって事?」

穏乃「まあ、簡単に言えばそうです」

絹恵「言われてみればそうやなあ」

誠子「だとしたら、まだこの連荘が続くのか……」

穏乃「それは分かりませんけど、二人が協力したツモ番とばしだけでは止められなかった」

絹恵「なんかあとちょっとまだ足りへんってことやね」

誠子「うーん……」



漫「ずいぶんテンポよく和了ってますね」

尭深「配牌が淡ちゃんみたい……」

霞「正直ちょっと怖いわね、あまり敵にしたくないわ」

漫「それにしても、江口さんがポンポン鳴いとるのもそうですけど、辻垣内さんの絞らなさ加減もブキミですわ」

霞「そうね……普段の彼女たちとは少し違う感じね」



東三局 6本場
親:由暉子
ドラ表示:六


二二四五六①②③⑥⑦⑧(3)56

打:(3)



玄「……なんだか、初手ドラ切りの多い試合ですね」

憩「玄ちゃん的にはやっぱぷんすこなん?」

玄「別にそんな事は無いですけど……」


セーラ「チー!」

二⑨144456南北北 12(3)

打:二


小蒔「……」

打:北


セーラ「ポン!」

⑨144456南 北北北12(3)

打:⑨



白望「ここまでは大体さっきと同じ流れ……」

咲「小蒔さん、だいじょうぶかなぁ」



144456南 4 北北北12(3)

セーラ「カン!」


156南 7 □44□北北北12(3)


新ドラ表示:三

打:1


絹恵「か」

穏乃「カン……?」


誠子「どうにか張るには張りましたけど……する必要まったくなかったですよね?」

絹恵「送りカンやったらともかく。さっきの局と違うのはここやね」

穏乃「えぐっちゃん先輩的には、あがれなくなる可能性があってもカンすることが重要だったってことですか」


由暉子「……」

二二四五六①②③⑥⑦⑧56 南

打:二



セーラ「ツモ!1600-3200の6本場は2200-3800!」

567南 南 □44□北北北12(3)


セーラ「はー、やっとこさ東ラスか」

小蒔「長かったですね……あふ」



咲「長いのは実際そうですけど……ちょっとダレちゃいましたね」

白望「6本場かぁ……八連荘は無かったよね?」

咲「ルールブックには、なしって書いてありますね」

白望「まぁ、それならよかった」

咲「そういえば、さっきから宥さ……」

宥「Zzz……」


咲「寝てますね」

白望「寝てるね」



白望「私たちも寝よっか」

咲「ええっ!?」

白望「後半戦も多分有珠山の子が連荘しまくりでダルいし」

咲「え、ええ~、いいのかな……」

白望「朝から全力ダッシュの疲労、お昼ご飯もこなれてちょうど良い満腹感、そして冗長な試合」

白望「全ての要素がお昼寝へと誘う。さあ寝ようすぐ寝よう……おやすみ」


咲(シロさんが急に饒舌になった!?)


白望(小蒔、応援してるから……夢の中で)



東四局
親:セーラ
ドラ表示:中



セーラ(なんか……)

由暉子(トイメンが……)

智葉(船漕いでる……)


小蒔「……ぐう」グワングワン


セーラ(いやいやいや船漕いでるレベルちゃうで。カイテンシテルデー)

由暉子(肩こりをほぐしているのでしょうか?)



霞「これは……」

漫「えっ、なになに?何が起こるんですか!?」




ガシャ

小蒔「ぷえっ」



霞「ただのガチ寝ね」

漫「いや、めっちゃ牌山崩れてますやん」



恒子「おーっとチームお昼寝神代選手、雀卓に顔から盛大にダーイブ!」

はやり「はっ!!」

恒子「おや、解説の瑞原プロが目を覚ましたようです」

はやり「え、えーっと……」

恒子「今、神代選手が牌山を崩しました」

はやり「あ、ああ……チョンボだね。これ」

恒子「だ、そうです!神代選手満貫払い!」



小蒔「」ガーン



東四局(やり直し)
親:セーラ


セーラ「なんや調子狂うわ」

小蒔「お昼寝チームのみなさん……ごめんなさい……」

小蒔「このままでは申し訳ないので」スゥ


小蒔「全力でどうにかさせていただきます!」


智葉(……拙いな)

セーラ(これはこれは、ずいぶんと間の悪いことで)


ドラ表示:8



―――――――6順目


小蒔「ツモ」

11122233(3)7899 6


小蒔「6000-12000です」


セーラ「今日は親っかぶり上等、とは言えんなぁ」




南四局 8順目
親:セーラ
ドラ表示:西


一一四四3(3)88⑨中中西西 ⑨

智葉「ツモ 1600-3200」

セーラ「ぐあー!また親っかぶりにリー棒まで持ってくんかい!」

智葉「貰えるものは貰っていくさ」

セーラ「……せやな」


恒子「試合っ!しゅーりょー!!」

はやり「はい、大激戦でしたね。おねえさん疲れたよ……」

恒子「瑞原プロがいつになくローテンションですっ!」

恒子「そして、第一試合の全半荘が終了!第二試合は極妻とスポーティが抜けて、エンジェル&デビルがインっ!」

はやり「あーそうだねそうだね」

はやり「じゃ、とりあえず追加ルーレットいってみよ」

恒子「全体的になんか雑!ほとんど解説しないで寝てたのに!」


デレレレレレレレレ


バン


【連荘なし】


憧「れ、連荘なし……なんだかこのタイミングで出てくると瑞原さんの作為を感じるわね」

姫子「さ、さすがにルーレットいじったりはしとらんやろ」

豊音「短期決着だねー」



はやり「はいはいそれでは、第二試合のチームは先鋒を選出してねー」

恒子「連戦になるチームは、気合入れて頑張っていこ♪」




セーラ「はいはいただいまやでー」

穏乃「お疲れ様です!」

セーラ「いやーほんましんどいわー」

誠子「ツモの多い試合でしたけど、親かぶりの被害がすごかったですね」

セーラ「まーしゃーないやろ。とりあえず明日の試合もファイトや」

絹恵「あんまり点差ついてるわけでもないし、まだまだ行けますよ!」



小蒔「ただいま戻りました」

宥「………………お」


宥「おまんじゅう」


宥「……Zzz」

咲「あっ、おかえりなさい」

小蒔「あっ、二人とも寝ちゃってるんですね」

咲「そうみたいです」

小蒔「咲ちゃんは起きててくれたんですね」

咲「はい、さすがに寝るわけにはいかないですから」

小蒔「わたしも寝てしまって失敗してしまいましたけどね」

咲「……そういえば、顔ぶつけてましたけど大丈夫ですか?」

小蒔「……大丈夫です」


小蒔「ちょっと痛いですけど」



智葉「戻ったぞ」

竜華「おかー」

智葉「……その頭悪そうな返事やめろ」

竜華「えー、一位やでー?テンションあがるやん!」

哩「一人だけマイナス」ボソッ

竜華「……うっ」

菫「まあ、明日は完全勝利を目指そうという事で。みんなよくやったと思うぞ」

竜華「きゃー、優しい弘世さん大好きー」

菫「離れろ」

竜華「うわあ冷たあ」


由暉子「……ふう」

霞「おかえりなさい」

由暉子「申し訳ありません、逆転なりませんでした」

漫「いやいや、大将戦開始時より持ち点増やしてるし!まだまだ次の試合もありますやん」

霞「そうね。全国最強レベルの猛者の集う卓で一年生がこれだけの成績を出して戻ってきたんですもの」

尭深「元気出してください……」

漫「ほらほら、はやりん引退さすんでしょ」

由暉子「……そうですね」

由暉子「はい、ありがとうございます!」


漫(た、確かにはやりんよりむっちゃかわいい……)







ゆきこのもうそうのうりょく
真屋由暉子。人々の罪(積み)を背負い、平和(ピンフ)へと導く救世の主。
要するに親番に超スピードでピンフツモをあがりつづけて積み棒を積みまくる能力です。
ドラを含む手を和了するとその親番での能力がストップします。
ドラゴンはキリスト教的には悪魔の象徴らしいので。



大将戦収支結果
1-4